転職面接の準備のコツ

 

転職の面接の準備をするときには、自分のアピールポイントを洗いざらい書き出してその中から企業のニーズにマッチするものを選んで、いくつか具体的なエピソードに落とし込んでいくことが重要です。

引用:外資系転職日記 – 2018年冬の陣

その自分のアピールポイントを見つける時に使えるのが、自分の過去の仕事におけるこだわりを思いつく限り書き出していくことです。

自分の長所やアピールできるポイントが見つからないと言う人は特に有効なやり方なのでぜひいちど試してみてください。

それは例えば自分は締め切りは必ず守るとか、時間の約束は必ず守るとか、連絡はできるだけ速くするとか、そういうこだわりです。

大きなこだわりである必要はなくて小さな些細なこだわりでも結構ですので自分が仕事において、こだわってきたものを全部箇条書きでいいので書き出してみてください。

自分では些細なこだわりと思うかもしれませんが、企業からすれば、その配属先の業務においては非常に重要なことである場合があるので、それがアピールポイントとして評価される可能性があるのです。

納期を守るとか、時間を守るとか、連絡を早くするとかそういう事は事務職とか営業の職においては非常に重要とされるスキルですので、それが評価されて採用につながる可能性は大いにあります。

ただこのやり方で注意しなければならないのは、仕事へのこだわりを探すときに、そのこだわりが前の会社でしか通用しないものであり、他の会社では通用しないものの場合にはかえってマイナス評価になる可能性があるので注意が必要です。

例えば、外部との連絡にできるだけEメールを使わずに葉書を使うとか。

前の会社ではできるだけ気持ちを込めたこのコミュニケーションを行うために、できるだけ葉書を使うことにこだわっていた場合でも、今の時代に他の会社ではEmailを使わずに葉書を使うというのは通用しないので、こだわりの強い人と言うことで逆にマイナス評価される危険性があるので注意が必要です。

前の会社や特定の部署でしか通用しないやり方にこだわると言うのは、仕事のできる人で、こだわりが強い人に時々あることなのでそういうところを転職の面接でアピールしないように注意しましょう。

そのためにも、一度全て自分の仕事におけるこだわってきたことを紙に一覧で書き出して、それを冷静に眺めてから、マイナス評価される危険性があるものや、仕事に関係のないものや、新しい転職先の企業に関係のなさそうなものを削り落としていく作業が重要です。

こういった準備をしておくと、企業の面接官から「質問はありますか?」と聞かれた時にも、柔軟に適切な対応をすることができます。

引用:転職の面接で「何か質問はありますか?」と聞かれた時の対応

 

大手資格スクールの衰退

今日は、資格ビジネスというかスクール関連の企業が衰退しているという話。

私も含めて多くの人が今までの人生の中で1つくらい資格を取ったという経験があると思います。その中でもちょっと難しめの資格だとスクールを利用する人が多いです。

その時にとりあえずスクール選びに迷ったら大手スクールを選択するという人が多いと思います。

では、どこが大手スクールの範疇に入るのでしょうか?

大手と呼ぶための検討要素には様々なものが考えられます。売上高、生徒数、実績、運営年数など。

たくさんありますが、大手のイメージとして単純なのは売上高でしょう。

ということで、上場している大手資格スクールとしてはTACがあります。このサイトでも、大手の1つとしてTACを扱っていますね。

あと似ている名前でLECがあります。ここは上場していないので正確には売上高が分かりません。ただ、LEC大学の失敗あたりから売上高が半減しているという話です。

おそらく100億円から200億円くらいの売上高の規模だと思います。

ヒューマンアカデミーやデジハリなんかもありますね。

いずれにせよこの資格スクールビジネス関連の企業の業績が軒並み低迷しています。

理由は簡単で、資格や検定の受験者数が減少しているからでしょう。少子化とかIT分野の成長など考えられる理由はいくつかあります。

今まで既得権益のようにして守られてきた資格を使ったビジネスの市場が成長しなくなったからというのも大きな理由でしょう。

リクルートも資格やスクール関連のビジネスを縮小しています。TACは上場しているので、決算資料が見られます。それを見ると綺麗な右肩下がりで売上高が下がっています。

最近はようやく落ち着いてきて横ばいになっていますが、どっちみち今後も成長することはないでしょう。

いろんな業界の成長率を見ながら子供の将来のことを考えてやらないと、今までと同じようなことをしていてはダメですね。

私が思うこれから大事な能力は、国語、数学、コンピュータサイエンス(プログラミング)、英語です。もしかしたら英語は精度の高いリアルタイム翻訳機ができれば必要無いという人も多くなるかもしれません。