マイホーム購入の際の注意点

マイホームのために家や土地を購入することは、普通の人にとっては一生に1度あるかないかの大仕事です。

またマイホームを買って終わりではなくて、そのあと何十年も住み続けるために定期的に管理やメンテナンスする必要があるために、マイホームを買った人は気を抜くことができません。

過去に家に関する問題でトラブルになったものとして耐震偽装事件や欠陥住宅の問題があります。

そのほとんどの原因は、できるだけコストを削減するための手抜き工事ですが、買った人には入居して何年も経過するまでなかなか見抜くことが難しいという問題があります。

世間に名の知れた大手のハウスメーカーですら、このようなことを平気で行なっているというこの業界の体質は本当に正さなければならないと思います。

ハウスメーカーで家を建てようと考えている人も、ハウスメーカーの選び方には、特に注意が必要です。(参考:ハウスメーカーの選び方)

このような大規模で重要な問題を防止するために「住宅の品質確保促進法」が制定される等の法整備が進められていますが、どれも万全な内容とまでは言えないようで現実的にはすべての手抜き工事を防止することはできていないようです。

法整備によって住宅やマンションを建築する際に、業者が手抜き工事を行なって欠陥住宅ができてしまうという問題を一定程度防止することができるとしても、消費者側も自ら勉強して騙されないように心がける必要があります。

また、建築基準法の建築確認についても多くの人が誤解をしています。

建築基準法の建築確認は、建築基準法の要件に合致しているかどうかの確認にすぎず、建物の性能の良し悪しについての許可ではありませんので、建築基準法上の建築確認があったとしてもその建物が地震に耐えうるだけの耐震性を有しているかなど、その住宅の有している住宅としての性能を評価するものではありません。

このようにマイホームを買う際には様々なトラブルに巻き込まれる可能性があるために、自ら防衛すると言う意識を高く持たなければ、本当に自分にとって必要で快適なマイホームを手に入れることが難しいのが現実となっていま
このようにマイホームを買う際には様々なトラブルに巻き込まれる可能性があるために、自ら防衛すると言う意識を高く持たなければ、本当に自分にとって必要で快適なマイホームを手に入れることが難しいのが現実となっています。

ローコスト住宅メーカーのゼロホームの住宅展示場に行ってきた。

今日はローコスト住宅メーカーの一つであるゼロホームの住宅展示場に行ってきたのでローコスト住宅メーカーについて書いて見るね。

夢のマイホームを建てようと本気で考えていて、それなりに調べたり何らかの行動をしている人なら必ずどこかで耳にするキーワードが坪単価です。

土地を探す時にも場所によって坪単価が全く違うし、坪単価が変わるとそれに正比例して土地の予算も上がります。

マンションの場合には土地と建物を別々に考えなくてもいいけど、一軒家の場合はさらにそこから建物の事を考えないといけませんよね。

土地が高くて、予算をかなり使ってるのにその上に建物も高いとなるといつまで経っても家なんて建てられないと途方にくれそうになります。

住宅展示場に行っていろんな住宅メーカーのモデルハウスを見て夢見心地になったところで聞かされるバカ高い坪単価。

とてもじゃないけど理想の家なんて建てららないよね〜。

そんな時に耳にしたのがローコスト住宅メーカー。

最初は何それって感じだったけど、よくよく聞いてみると大手のハウスメーカーと同じ品質でかなり安く家を建てられるというじゃない。

広告宣伝費や販促費などの経費を大幅に削減する事で、ブランドは大手に劣るけど品質は同じレベルで家が建てられるらしい。

具体的にいうとアキュラホームとかゼロホームの事。

早速家の近所にあるゼロホームの住宅展示場に行って見た。

まず一般の住宅展示場と違うのは、その住宅展示場に立っている家の全部がゼロホームの家という事。

もちろん数はそんなに多くなくて、5件くらいだったけど、それでも同じハウスメーカーが建てていることなるコンセプトの家をたくさんまとめて見られるというのは意外に良かった。

新婚の夫婦向けとか、子育て世代とか、老後の住まいとかテーマが設定されていて面白かった。

それと大手ハウスメーカーのモデルハウスみたいに非現実的な夢のような家じゃなくて、実際に多くの人が建てるであろうグレードの設備と予算で建てられているので、夢は無いけど現実的なプランニングの参考になる。

営業マンも大手のように高飛車な感じじゃなくて、とまちらかというと庶民的というか、対等というかすごく好感が持てました。

まぁこればっかりは人によるから運の要素が強くてあまり参考にならないかもしれないけどね。

結論としてまとめると、ローコスト住宅メーカーというとどちらかというとネガティブなイメージがあったけど、実際に行ってみると、そんなことは全然なくてむしろ大手より好感が持てたし、かなりポイントが高かった。

多分自分が建てる時にはゼロホームにお願いすると思う。

他にもローコスト住宅メーカーの有名なところはいくつかあるから、それも見に行こうと思う。

もし、家を建てようと考えている人で、予算がオーバーしているとか、できるだけお金をかけたくないと思っている人は、ローコスト住宅メーカーの住宅展示場をいちど見学に行くことをお勧めします。

実際に家を見てみるとローコスト住宅だからといって、品質が低いなんて事は全くないということがよくわかるでしょう。

私がゼロホームの住宅展示場を見に行った時は、たまたま一棟の建物を取り壊して新しく建築している途中だったので、その過程を公開することで住宅を学ぼうというイベントをやっていた。

ぱっと見た感じでは基礎もベタ基礎を使っていたし意外にしっかりと作っているなと言う印象受けた。

こういうイベントに積極的に参加することで、そのハウスメーカーのことを深く知ることができるし、また、建築の技術についても詳しくなります。

最後に格言を1つ。

「住宅、建築に関する技術の知識が増えるほど良い家が建つ」

二世帯住宅が増加中

この前住宅展示場に行ったら、どこのハウスメーカーも結構2世帯住宅に力を入れてたみたいだった。

営業マンの人にいろいろと話を聞いてみても、やっぱりこの二、三年の間に二世帯住宅の相談が増えたみたいな事を言ってた。

理由は親の介護をしなくちゃならないとか、お金に余裕がないので少しでも負担を減らしたいとかが多いらしい。

どの理由も今からの時代にぴったりマッチした深刻な問題だよね。気持ちはよくわかる。

これからますます介護が必要な人が増えていくし、わたしらみたいな地方に住んでいる人間は給料なんて上がる気配は全く無いし。

これからは子育てしながら普通に生活していくだけでも、かなり金銭的に苦しいのが現実だよ。

親と一緒に住んでいたら、うるさいこと言われるしうっとうしくてストレスも多いけど、ちょっと子供の面倒をみといてもらって出かけたりすることもできたりと本当に助かることも多いのよね。

いいところも悪いところもあるし、バランスをとって考えて二世帯住宅オッケーという人がいるのも分かる。
ただわたしの場合は、誰にも干渉されたく無いし二人で自由気ままに過ごせるというのがあって結婚したという思いが強いから、旦那の親と一つ屋根の下で暮らすというのは、どうしても許容できないかもしれない。

みんな言わなくても分かってくれると思うけど、別に旦那の両親が嫌いとかそういうわけでは無いんだよ。

すごくいい人だし良くしてくれるし、悪いところはないんだけど、程よい距離感を保っているからその良好な関係が築けるんだよ。

あまり近づきすぎると、その人間関係も全く変わってくるのよ。

君子の交わり淡きこと水の如しって言うじゃない。

百歩譲るなら、完全分離型の二世帯住宅ならなんとかギリギリ許せるという気もする。隣り合わせで、完全に分離されていて、内部も繋がっていないタイプの別棟タイプのやつ。

時々見かける二件並んでるやつね。

あれなら隣に住んでいるという感覚だから何とかオッケー出せるかもしれないけど、そんな土地を買うお金もないしね。

結局、ストレスなく過ごすにはある程度のお金が必要なのよね。