ローコスト住宅メーカーのゼロホームの住宅展示場に行ってきた。

今日はローコスト住宅メーカーの一つであるゼロホームの住宅展示場に行ってきたのでローコスト住宅メーカーについて書いて見るね。

夢のマイホームを建てようと本気で考えていて、それなりに調べたり何らかの行動をしている人なら必ずどこかで耳にするキーワードが坪単価です。

土地を探す時にも場所によって坪単価が全く違うし、坪単価が変わるとそれに正比例して土地の予算も上がります。

マンションの場合には土地と建物を別々に考えなくてもいいけど、一軒家の場合はさらにそこから建物の事を考えないといけませんよね。

土地が高くて、予算をかなり使ってるのにその上に建物も高いとなるといつまで経っても家なんて建てられないと途方にくれそうになります。

住宅展示場に行っていろんな住宅メーカーのモデルハウスを見て夢見心地になったところで聞かされるバカ高い坪単価。

とてもじゃないけど理想の家なんて建てららないよね〜。

そんな時に耳にしたのがローコスト住宅メーカー。

最初は何それって感じだったけど、よくよく聞いてみると大手のハウスメーカーと同じ品質でかなり安く家を建てられるというじゃない。

広告宣伝費や販促費などの経費を大幅に削減する事で、ブランドは大手に劣るけど品質は同じレベルで家が建てられるらしい。

具体的にいうとアキュラホームとかゼロホームの事。

早速家の近所にあるゼロホームの住宅展示場に行って見た。

まず一般の住宅展示場と違うのは、その住宅展示場に立っている家の全部がゼロホームの家という事。

もちろん数はそんなに多くなくて、5件くらいだったけど、それでも同じハウスメーカーが建てていることなるコンセプトの家をたくさんまとめて見られるというのは意外に良かった。

新婚の夫婦向けとか、子育て世代とか、老後の住まいとかテーマが設定されていて面白かった。

それと大手ハウスメーカーのモデルハウスみたいに非現実的な夢のような家じゃなくて、実際に多くの人が建てるであろうグレードの設備と予算で建てられているので、夢は無いけど現実的なプランニングの参考になる。

営業マンも大手のように高飛車な感じじゃなくて、とまちらかというと庶民的というか、対等というかすごく好感が持てました。

まぁこればっかりは人によるから運の要素が強くてあまり参考にならないかもしれないけどね。

結論としてまとめると、ローコスト住宅メーカーというとどちらかというとネガティブなイメージがあったけど、実際に行ってみると、そんなことは全然なくてむしろ大手より好感が持てたし、かなりポイントが高かった。

多分自分が建てる時にはゼロホームにお願いすると思う。

他にもローコスト住宅メーカーの有名なところはいくつかあるから、それも見に行こうと思う。

もし、家を建てようと考えている人で、予算がオーバーしているとか、できるだけお金をかけたくないと思っている人は、ローコスト住宅メーカーの住宅展示場をいちど見学に行くことをお勧めします。

実際に家を見てみるとローコスト住宅だからといって、品質が低いなんて事は全くないということがよくわかるでしょう。

私がゼロホームの住宅展示場を見に行った時は、たまたま一棟の建物を取り壊して新しく建築している途中だったので、その過程を公開することで住宅を学ぼうというイベントをやっていた。

ぱっと見た感じでは基礎もベタ基礎を使っていたし意外にしっかりと作っているなと言う印象受けた。

こういうイベントに積極的に参加することで、そのハウスメーカーのことを深く知ることができるし、また、建築の技術についても詳しくなります。

最後に格言を1つ。

「住宅、建築に関する技術の知識が増えるほど良い家が建つ」